実際の牯嶺街(クーリンチエ)少年殺人事件とはどんな事件だったのか

2017年4月1日に新宿にある武蔵野館という映画館で楊德昌監督の台湾映画「牯嶺街(クーリンチエ)少年殺人事件」を観てきました。上映時間4時間という長丁場の映画であり、途中に休憩がないのが正直つらかった …

二人の「小鬼子」・・・・日本人の秘めたる狂気

上海市の郊外の街に住んでいましたが、工業団地に海外企業を誘致していたためにすくなからず日本企業が工場を持っていました。またそれらの現地工場にサービスを提供する企業も多く進出していました。 そのような関 …

中国語の先生が大学で日本語を専攻した理由とは

私は以前からどこの国でもよいからひとつの国の言語を身につけてその国の人と日常的な会話をしたいとの願望がありました。そのためには少なくとも1年はその国に住む必要があり、その期間にその国の言語にとっぷりと …

監視カメラが映し出した中国工場での様々な出来事

私が通勤した上海工場では毎日いろいろなことが起きます。日本の工場では考えられないようなことが次から次と起こり、油断ができません。そのために工場内には多くの監視カメラが設置されているのですが、その監視カ …

弁当業者の選定で見えてきたこと

中国の上海工場では昼、夕、深夜の3回従業員用の食事をいわゆるお弁当屋に委託していましたが、あるときそれまで委託していた弁当業者を変えることになりました。替える理由はいくつかありましたが。一つに弁当の欠 …

上海工場で現地社員が食べているお弁当の中身

中国の上海工場で社員はどんなものを食べているのか興味を持たれる方もあるかと思いますので少し詳しくお話したいと思います。 工場には社員食堂があり一度に300人程度が食べられるようになっています。厨房はな …

出稼ぎの若者たち(農民工)の生活は日本の尺度で捉えてはいけない

私の勤務する上海工場のいわゆる農民工と呼ばれる人たちが1,500人ほど働いていました。その彼らの暮らしぶりについては余り語られることはないように思いますので少しお話したいと思います。 私の工場では小さ …

上海の住宅事情・・住宅バブルは何時はじけるのか

2010年前後に上海に住んでいて感じたことはマンションの値段が上がり続け、何時住宅バブルが起きても不思議がないということでした。しかし7年経った今もその兆候はありません。 当時の上海市の住宅事情から住 …

上海のスーパーでお肉を買ってみたら

2017/03/12   -中国の食べ物
 , , ,

上海に限らないと思いますが中国のほとんどの肉料理には八角と五香を香辛料として使用しています。私はこの八角と五香が全くの苦手で、微量でも入っているともう鼻について食べられません。 ところが、中国で肉料理 …

上海のスーパーで魚を買ってみたら

2017/03/12   -中国の食べ物
 , , ,

上海のスーパーでの魚コーナーはあまり広くはありません。豚肉に比べるとやはり少しマイナーな感じがします。 生簀(いけす)に入って生きているまま売っているのもありますが、多くは台の上に丸ごと並べてあります …