中国のネット

新型肺炎で日本人で初めての感染者  中国での反応

投稿日:1月 29, 2020 更新日:

中国の各報道機関は1月28日に日本人で初めて新型肺炎を発症した例が発生したと報道をしました。

北京ニュースでは「日本の毎日新聞によると、日本の厚生労働大臣の加藤勝之氏は28日、日本での新しいコロナウイルス感染により引き起こされた肺炎の2つの新しい症例を報告した。一人は武漢に行ったことはなく、『人から人へ』の方法で感染したと考えられる。また、産経新聞によると、武漢に行ったことのない確定患者は、奈良に住む60代の男性であり、職業はバスの運転手であり、1月に武漢からの観光客を2回運んだとのことです。1月28日の時点で、日本には合計6つの新しい肺炎の確定症例がありました。」と報じました。

この報道を受けて中国内のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられています。

文末の()内の数字は「いいね」の数で、いいねの多い順に並べてあります。

武漢からの旅行者を2回運んだ運転手が感染しました。このウイルスは伝染性が強すぎますよね?(654)

海外に出た行った人の99%が武漢に居住歴がある人なので、武漢の人口が1000万人からするとどれだけの人が感染しているかを想像するのは難しい。(186)

感染には国境はなく、世界はそれを真剣に受け止めるべきです。 (158)

他人に不幸をもたらしてすみません。 (127)

車の運転手が接触した人は大勢いるに違いないので、大規模な拡散が起こらないことを期待している。(113)

バスの運転手は、彼らが武漢の乗客であることを知らなかったのだろうか?( 81)

隠れた感染の機会が多い。外出には注意が必要だ(63)

武漢はこんなに怖いのか。(51)

奈良へのバスは非常に混雑しており、免疫力が弱い人が感染したのに違いありません。そ混雑していなかったのならば直接接触したのでしょう。(35)

なぜ西洋人は感染しないのですか? (17)

60代でまだ引退していないの?(12)

この記事は検証されましたか?バスの運転手が武漢の乗客から感染したかどうかを判断する方法は?そしてまだ2回? 2回あることを確認する方法は?( 12)

日本のバスの運転手はマスク(N95)を着用しています。 それでも感染しましたか (8)

 

関連記事

成田空港のコンビニに「中国頑張れ」の張り紙 中国の反応

新型肺炎対策をする一方で中国旅行者を受けいれる日本 中国で賞賛の声

新型肺炎で中国人立ち入り禁止の張り紙 中国の反応

日本で二人目の新型肺炎患者発生 中国での反応

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-中国のネット
-, , , ,

執筆者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

新型肺炎で中国人立ち入り禁止の張り紙 中国の反応 

武漢で発生した新型肺炎は人にも感染することを中国政府が正式に発表し、感染の広がりが懸念されます。春節を前にして中国大陸だけではなく多くの中国人観光客がこの時期訪れる日本でも何かと心配されています。 & …

ゴーン元会長の会見(1月8日)に対する中国の反応

中国の西瓜視頻は1/8のゴーン元日産会長のレバノンでの会見のビデオをインターネットで流しましたが、中国内のネットユーザーからは様々なコメントが挙げっていますので紹介します。   ビデオに関す …

日本で二人目の新型肺炎患者発生 中国での反応

中国の各メディアは、日本の厚生労働省が金曜日(1月24日)に日本で新しいコロナウイルスの肺炎の2番目のケースが確認されたと述べたことをNHKが報じたのを受けて、その内容を一斉に報じました。 その報道内 …

成田空港のコンビニに「中国頑張れ」の張り紙 中国の反応

環球網は26日「中国での抗疫戦争にがんばれ、日本の空港内コンビニエンスストアで中国頑張れのスローガン」と題する記事を掲載した。 記事の内容は「25日午後、ネット読者が日本の成田空港第2ロビーにあるコン …

新型肺炎対策をする一方で中国旅行者を受けいれる日本 中国で賞賛の声

中国のネットニュース今日頭条(Toutao)は、1月27日、現在の日本での新型肺炎への対応を現地レポートで報道しました。日本では政府が新型ウィルスによる肺炎を「指定感染症」に指定することや各種の広報活 …