中国のネット

新型肺炎対策をする一方で中国旅行者を受けいれる日本 中国で賞賛の声

投稿日:1月 28, 2020 更新日:

中国のネットニュース今日頭条(Toutao)は、1月27日、現在の日本での新型肺炎への対応を現地レポートで報道しました。日本では政府が新型ウィルスによる肺炎を「指定感染症」に指定することや各種の広報活動、個人レベルではマスクの着用など、政府、各機関、企業、そして個人に至るあらゆるシチュエーションで感染に対する対策をしている状況を具体例を挙げて紹介しています。その一方で日本では、今だに中国からの旅行客を受け入れていると報じました。

写真出典:今日頭条

 

「皆様の来訪を心からお待ちしています」

記事では、春祭りの期間中、約70万人の中国人観光客が日本と日本の観光名所を訪れており、観光地では、新しい肺炎の予防に関する中国語、英語、および日本語での次のような通知を掲示しています。 「自分や他の人を感染症から守るために、マスクを着用し、頻繁に手を洗い、咳をするときは口をティッシュで覆ってください。」観光客が訪れる場所には、旅行者が手を拭くことができる消毒剤を用意していますと報じている。

また、山形県知事の「中国からの来県客の皆様へ」と題した中国観光客向けのアピール広告も紹介した。

 

 

日本が少し好きになった

この報道を受け中国のネットユーザーからは称賛するなどの肯定的な意見が多く寄せられています。

・今度のことで日本が少し好きになりました

・災害の多い国にこのように対応することは意味が大きいです。

・日本の実践は信頼でき、温かい心、差別のない、ポジティブなエネルギーに満ちています! いいね!

・このことは他人に迷惑をかけてはいけないことを言っている

・異常な時期に旅行しないでください! お願いします

・現時点では、国は外出や部外者の出入りを許可すべきではありません。 これらの人々はちょっと見ただけでは問題ないかわかりません。

・逆境で真の愛を見る!

・北朝鮮は中国人が世界に入ることを禁止している唯一の国です。

・今は走り回らないでください。混乱を招くだけです。誰もが冷静に自己防御に努めること。症状が出たらすぐに医師の診察を受け、症状のない人は自分自身を守り続けてください。そうすれば、感染源を完全に取り除くことができます。

・今回は日本はとてもいい

・日本人はとてもいいです。100点あげます。 私の家に来れば夕食をごちそうしたい。

・まだ観光客を受け入れている…自信の表れだね

・日本の実践は信頼でき、温かい心、差別のない、ポジティブなエネルギーに満ちています! いいね!

・中国人にしか感染しないから、 他の国では心配する必要はありません。

・日本人の素質は他の国とは比較になりません!

これ以外にも数多くの肯定的な投稿がありますが、いつもは少なからずある「小鬼子」「小日本」といった日本憎しの投稿は今回はあまり見当たりませんね。

 

関連記事

日本で二人目の新型肺炎患者発生 中国での反応

新型肺炎で中国人立ち入り禁止の張り紙 中国の反応

成田空港のコンビニに「中国頑張れ」の張り紙 中国の反応

新型肺炎で日本人で初めての感染者  中国での反応

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-中国のネット
-

執筆者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

新型肺炎で中国人立ち入り禁止の張り紙 中国の反応 

武漢で発生した新型肺炎は人にも感染することを中国政府が正式に発表し、感染の広がりが懸念されます。春節を前にして中国大陸だけではなく多くの中国人観光客がこの時期訪れる日本でも何かと心配されています。 & …

新型肺炎で日本人で初めての感染者  中国での反応

中国の各報道機関は1月28日に日本人で初めて新型肺炎を発症した例が発生したと報道をしました。 北京ニュースでは「日本の毎日新聞によると、日本の厚生労働大臣の加藤勝之氏は28日、日本での新しいコロナウイ …

日本で二人目の新型肺炎患者発生 中国での反応

中国の各メディアは、日本の厚生労働省が金曜日(1月24日)に日本で新しいコロナウイルスの肺炎の2番目のケースが確認されたと述べたことをNHKが報じたのを受けて、その内容を一斉に報じました。 その報道内 …

ゴーン元会長の会見(1月8日)に対する中国の反応

中国の西瓜視頻は1/8のゴーン元日産会長のレバノンでの会見のビデオをインターネットで流しましたが、中国内のネットユーザーからは様々なコメントが挙げっていますので紹介します。   ビデオに関す …

成田空港のコンビニに「中国頑張れ」の張り紙 中国の反応

環球網は26日「中国での抗疫戦争にがんばれ、日本の空港内コンビニエンスストアで中国頑張れのスローガン」と題する記事を掲載した。 記事の内容は「25日午後、ネット読者が日本の成田空港第2ロビーにあるコン …