中国のネット

日本で二人目の新型肺炎患者発生 中国での反応

投稿日:1月 24, 2020 更新日:

中国の各メディアは、日本の厚生労働省が金曜日(1月24日)に日本で新しいコロナウイルスの肺炎の2番目のケースが確認されたと述べたことをNHKが報じたのを受けて、その内容を一斉に報じました。

その報道内容に関して中国国内のネット上では様々な意見が上がっています。

 

中国で報道された内容

中国メディアで紹介されたNHKの映像写真

 

日本放送協会(NHK)によると、確認された患者は、武漢に在住の40歳代の男性で、19日に東京を旅行の為日本に入国、その後発熱とのどの痛みがあったために、治療のために医療機関に行きました。 24日、患者は新しいコロナウイルス肺炎と診断され、現在東京の医療機関に入院しています。

 

旅行先として医療レベルが最も高い場所を選んだ!? 中国での反応

・日本に行く前に症状を調べた病院は肺炎ではないと判断したと日本の報道をみたよ。患者は中国では排除されなかった。

・家に留まるのが道徳的かな

・同じ飛行機に乗っていた人たちはどうなったの?

・ほんとに明日どこで病気になるかよくわからないよ

・みんな武漢から出ていった人だ

・小鬼子はクリアなウイルス写真を撮ることができるんだ、素晴らしい(管理人注:小鬼子は日本人の蔑称)

・愛国旅行

・武漢は本当に日中友好の代表です

・どこにでもこのようなクズのような人間はいるものです

・武漢から出た人ととどまっている人の比率から計算すると、武漢の症例数は間違いなく10,000人以上です。

・災いは海外へ

・発熱して逃いるのに海外に出た人に、日本政府は医療費を支払ってはいけません。

・旅行する?それとも治療に行く?

・問題がある場合は海外に行かないで、国内でも歩く回らないようにしましょう。

・この人は出国する前に症状があったのに、飛行機を降りる時の申告書では病気を隠した。国内でも恥なのに、海外まで出かけて面目を失った。中国の祖先の顔に泥を塗った。自分にもそしてすべての人に対しても無責任だ。

・何というべきなのか。この人は14日に発熱し、病院に行ったが肺炎とは診断されず、19日、彼は日本に旅行した。そして22日日本で肺炎と診断を受けた。こんなことではあらゆる出入口を閉鎖しなくては…

・マスクを忘れずに

・武漢の人自分は問題ないと自信を持つべきではない

・彼は旅行先として医療レベルが最も高い場所を選びましたね

・病気の人がすぐに回復することを願っています。

 

関連記事

新型肺炎対策をする一方で中国旅行者を受けいれる日本 中国で賞賛の声

新型肺炎で中国人立ち入り禁止の張り紙 中国の反応

成田空港のコンビニに「中国頑張れ」の張り紙 中国の反応

新型肺炎で日本人で初めての感染者  中国での反応

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-中国のネット
-

執筆者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

新型肺炎対策をする一方で中国旅行者を受けいれる日本 中国で賞賛の声

中国のネットニュース今日頭条(Toutao)は、1月27日、現在の日本での新型肺炎への対応を現地レポートで報道しました。日本では政府が新型ウィルスによる肺炎を「指定感染症」に指定することや各種の広報活 …

成田空港のコンビニに「中国頑張れ」の張り紙 中国の反応

環球網は26日「中国での抗疫戦争にがんばれ、日本の空港内コンビニエンスストアで中国頑張れのスローガン」と題する記事を掲載した。 記事の内容は「25日午後、ネット読者が日本の成田空港第2ロビーにあるコン …

新型肺炎で日本人で初めての感染者  中国での反応

中国の各報道機関は1月28日に日本人で初めて新型肺炎を発症した例が発生したと報道をしました。 北京ニュースでは「日本の毎日新聞によると、日本の厚生労働大臣の加藤勝之氏は28日、日本での新しいコロナウイ …

ゴーン元会長の会見(1月8日)に対する中国の反応

中国の西瓜視頻は1/8のゴーン元日産会長のレバノンでの会見のビデオをインターネットで流しましたが、中国内のネットユーザーからは様々なコメントが挙げっていますので紹介します。   ビデオに関す …

新型肺炎で中国人立ち入り禁止の張り紙 中国の反応 

武漢で発生した新型肺炎は人にも感染することを中国政府が正式に発表し、感染の広がりが懸念されます。春節を前にして中国大陸だけではなく多くの中国人観光客がこの時期訪れる日本でも何かと心配されています。 & …