中国のネット

ゴーン元会長の会見(1月8日)に対する中国の反応

投稿日:

中国の西瓜視頻は1/8のゴーン元日産会長のレバノンでの会見のビデオをインターネットで流しましたが、中国内のネットユーザーからは様々なコメントが挙げっていますので紹介します。

 

ビデオに関する西瓜視頻の解説

1月8日、日産ゴーンの元会長がレバノンで記者会見を開きましたが、これは、ゴーンが逃亡した後の最初の会見でもありました。ゴーンは、日本の逮捕は自分自身の残酷な略奪であり、彼は正義を求めて自分を正当化したかっただけだと言いました。

ゴーン元会長の会見

 

同じアジア人の意識?(コメントの内容)

ゴーン元会長に関しては、同情する声と非難する声とがあり評価は割れていましたが、比較的シビアな見方をしている人が多いように思えます。アジア人は西洋人にはかなわないといった同じアジア人として日本の立場に立っている意見もあり、少し考えさせられますね。

以外だったのは、日本ではほとんど紹介されない見方が、アメリカの存在への言及です。

アメリカにコントロールされている日本という視点が間々見受けられます。中国ではそういう視点の報道が伏線としてあったのでしょうか。

 

ネットユーザーからの意見

・日産ルノーの元CEO、ゴーン。日産は彼にルノーの支配権を放棄するように頼んだが、彼は拒否したので日本の司法省に逮捕された。ところが以外にも 奴は逃亡した。このビデオは、彼が日本から脱出した後の彼の声明です。

・私が知りたかったのは、日本で指摘されたこれらの罪名は本当なのかということです。

・日本はゴーンを逮捕して会社の支配権を取り戻した

・日産は日本人のものじゃないの?奪還する必要があるの?

・ルノーと日産はともに緊密な企業関係にあり、いずれもゴーンによって救われた。日本がゴーンを非難する主な理由は、ゴーンがルノーと日産を合併したいからであり、だから今のような状況があるわけで、ゴーンの公的資金の流用はないといえる

・日本の財団は日産の支配権を取り戻したいと考えており、日本政府は共犯者になりましたが、ルノー・フランスは日産の株式の40%以上を保有しており、日本がそれを取り戻すことも困難です。

・この男の出身国は?この英語のアクセントはとても興味深いです。

・ゴーンは、日本の自動車とフランスのルノーを合併して、スーパーカー会社を設立したいと考えていました。これは米国が望まないので彼を捕まえることにした。。結局のところ、東京地検は米国が日本を支配するための重要な道具のひとつに過ぎない。

・いくつかの高級住宅が会社のお金で購入されたかどうかが重要なポイントであり、それが本当に会社のお金である場合はいささか問題だが、そうでない場合は陰謀ということになる。

・典型的な西洋人の考え方は誇張的であり自己中心的である。私のものは私のものです、あなたのもの私のもの。

・東京地方検察庁特捜部は米国の言うことは聞くが日本の言うことは聞かない、と日本が言っている。

・アジア人は西洋人に勝てない、

・アジア人は一生懸命働き、最終的には外国人に持って行かれる

・日本人のつらいことは理解できる

・ハリウッドは台本を作って大きな映画を作ることができる。タイトルは「東京からの脱出」かな?

・ゴーンは日産を救い、有能な人だった。

・人権と自由がないと、あなたは箱に身を縮めて逃げ出しました。このことは潔白さを証明してはくれない。

・はは!日本とアメリカの面子はどこにありますか?

・この人はどこの国の人ですか?この英語の発音は面白すぎます

・アメリカの陰謀、日本の陰謀

・日本はまた有名になったね

・被害者の感情は、より正確で深いものです。島国での生活には適していません。

・ゴーンは、「地位が欲しければ、まずは行動することだ」ということを証明した。

・ゴーンの状態をみると、日本は彼に対して悪くはない。

・今回は日産は失望したかもしれません。

・このショーはよかった、米やイランよりも精彩がある。もっと宣伝していい。

・アメリカはごろつきです。

・イラン(の話題)はどっかへ行っちゃた、ゴーンが脚光を浴びてます!

・アメリカ、脚光を浴びた

・スピーチの内容でわかるが、西洋人は利己的でわがままだ!

・米国は、フランスにこれがそうであるかどうかを確かめるためにいくらかの色を与えます。誰があなたを不従順にするか。

・狡兎死して走狗烹らる(注:敵国が滅べば功臣も不要とされることを喩えたもの)

・一方的な言葉、そして証拠の欠如。

・フランスは次の段階に進んでいます

・小説の世界のようです

・すごい人だ

・今回何度も逮捕したのは東京検察庁の特別捜査部だが、背景は根が深い(百度で調べればよくわかる)。だからこれは日本とフランスが共同制作した映画であって、アメリカ人だけが理解できるものだ。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-中国のネット
-

執筆者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

新型肺炎対策をする一方で中国旅行者を受けいれる日本 中国で賞賛の声

中国のネットニュース今日頭条(Toutao)は、1月27日、現在の日本での新型肺炎への対応を現地レポートで報道しました。日本では政府が新型ウィルスによる肺炎を「指定感染症」に指定することや各種の広報活 …

新型肺炎で日本人で初めての感染者  中国での反応

中国の各報道機関は1月28日に日本人で初めて新型肺炎を発症した例が発生したと報道をしました。 北京ニュースでは「日本の毎日新聞によると、日本の厚生労働大臣の加藤勝之氏は28日、日本での新しいコロナウイ …

成田空港のコンビニに「中国頑張れ」の張り紙 中国の反応

環球網は26日「中国での抗疫戦争にがんばれ、日本の空港内コンビニエンスストアで中国頑張れのスローガン」と題する記事を掲載した。 記事の内容は「25日午後、ネット読者が日本の成田空港第2ロビーにあるコン …

日本で二人目の新型肺炎患者発生 中国での反応

中国の各メディアは、日本の厚生労働省が金曜日(1月24日)に日本で新しいコロナウイルスの肺炎の2番目のケースが確認されたと述べたことをNHKが報じたのを受けて、その内容を一斉に報じました。 その報道内 …

新型肺炎で中国人立ち入り禁止の張り紙 中国の反応 

武漢で発生した新型肺炎は人にも感染することを中国政府が正式に発表し、感染の広がりが懸念されます。春節を前にして中国大陸だけではなく多くの中国人観光客がこの時期訪れる日本でも何かと心配されています。 & …