関連記事

中国馬路 トップページ

中国の上海郊外に何年か住んでいました。 そこで出会った人々、起こった出来事そして見聞きしたもの全てが新鮮に感じ、今も頭の中に刻みこまれています。 新聞で大きく取り上げられない日はない巨大な隣国中国。 …

中国映画「非誠勿擾」のヒットと反日感情

上海に駐在していたときは、年に2,3回は日本に帰っていましたが、上海に戻る際には羽田空港の免税店で会社の中国人スタッフ用にお土産を買うのが常でした。身近で仕事をしている中国人スタッフは30人程度います …

中国の若い女性はお風呂に入らない?

上海に住んでいて困ったものの一つにお風呂があります。中国ではもともと日本のような首まで湯船に漬かるお風呂に入る習慣がないことをご存知でしょうか。 最初に入居したマンションは古い建物なのに部屋にお風呂が …

rの発音ができれば本物の中国語習得も近い

中国語の発音の勉強で一番苦労したものが「r」でした。 発音の学習書を見ると舌の形や口の開き具合など解剖学的な図での説明がありますが、それだけでれで中国人に通じる発音ができるとは思えません。 スポンサー …

上海のお役人とのお付き合い【郷に入らば郷に従え】

お役人を接待することが時々あります。恒例になっているのは税関の担当役人ですが、課長、係長クラスを年1回高級な料理屋で接待します。急に受注が増え生産体制が間に合わない時など日本の本社から製造機械を急遽運 …

中国の不動産バブルはどうなるのか【日本の土地バブルとの違いは?】

上海に住んでいた2008年ごろの土地は価格が急騰しており、このままでは日本のように土地バブルが弾けるのは必至と思われました。しかしそれから10年近くたった今でもバブルが弾けたとは聞いていません。中国の …