上海の生活 中国の食べ物

上海人は果物好き

投稿日:12月 20, 2017 更新日:

果物(くだもの)のことを日本ではむかし水菓子と言っていましたが、中国では「水果(shuiguo)」と言います。上海の商店街を歩いていますと、果物屋さんが多くあることに気が付きます。その一方で野菜を売る八百屋は一軒もありません。野菜と肉と魚はスーパーか市場に行かないと買えません。専門の個人商店がないのです。日本ではそれぞれの個人商店が軒を並べ買い物客が一軒一軒のぞきながら買い物をするのが当たり前の風景でした。今はいずれもほとんどがスーパーに取って代わられ、個人商店を探しても簡単には見つかりません。

果物屋が多い商店街

上海がいつからそうなったのか、もともとそうだったのかは分かりませんが、果物に関しては小さい専門店が至る所にあることから中国の人が如何に果物が好きかは想像できます。店先に並んでいるものはブドウやオレンジ、バナナ、リンゴなど日本のものと大きくは変わりませんが、なかには日本で見たこともないような果物もあり、その都度トライしてみるのも楽しみのひとつです。

私は中国の香辛料が苦手なので、食事は自炊していたほどですが、果物は自然のままの味なのでどれも美味しく食べることがことができました。日本にない果物で特に気に入ったのが荔枝(レイシ)です。よく買って食べたものですが、空港などではこの実が入ったチョコレートが菓子折りになって売っていますので、お土産用に買って帰ると大いに喜ばれました。

 

みずみずしいライチ

 

季節によって並ぶものは違うのは当たり前ですが、春先になると2m以上もあるサトウキビを店先に立てかけて売っています。お店の人に頼むとナタで皮をそいで短くしたものを手渡してくれます。かじると甘汁が出てとてもジューシーです。若い人がかじりながら道を歩いているとろろもよく見かけます。

果物屋の店先に立てかけられたサトウキビ

 

日本産のなしやリンゴがよく店先に並んでいます。日本の果物というと高級感があるようで少し値段は高いのですがとても人気があるようです。のぼり旗に「20世紀」や「青森りんご」と書かれた表示があるのですが、表示になにか違和感がありましたのでよくよくその表の字を見ると、驚いたことに青森の「森」の字に「木」が4つもあるではありませんか。日本からの輸入品は高いので富裕層にしか手が出ませんので、庶民向けに中国産の日本種リンゴが出回っているようです。

中国産の秋田こまち

果物ではありませんが、スーパーで自炊用のコメを買う時も同じよう経験をしました。中国の銘柄はとても安いのですがやはり日本のお米のような粘りがなく、パサパサした感じで日本人にはあまりおいしく感じません。コメは日本に帰って中国に戻るときに時に1,2キログラムを預け荷物の中に忍ばせて持ち込んでいましたがすぐになくなってしまいます。

ある時スーパーのコメ売り場の一角で日本銘柄の「秋田こまち」や「こしひかり」と袋に日本語で書かれたお米があるのを発見しました。値段は通常価格の1.5倍ほどします。輸入品かと思い袋の裏に表示されている生産地を確認すると、「福建省」とはっきりと書いてあります。コメの種は「秋田こまち」ですが、植えて生産したのは中国国内ということなのでしょう。でも、それで「秋田こまち」を名乗ったのでは、意匠権の侵害になるのではと考えながら、その文字をよく見ると、なんと「こ」の字に濁点があるではありませんか。「秋田こまち」ではなくて「秋田ごまち」だったのですね。これで意匠権の問題もなし。さすがは中国と妙に感心してしまいました。買って帰って炊いてみると味はまあまあでしたので以後よく買って帰りました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




スポンサーリンク




-上海の生活, 中国の食べ物

執筆者:

関連記事

中国の市場(いちば)で出会った思いがけないこと

上海郊外の町で、市場にかいものに時々出かけました。体育館のような大きな平屋の建物の中に野菜、果物、肉、魚のお店が所狭しと並んでいて、丁度上野のアメ横のような感じです。昔日本のどこにでもあったような市場 …

「乾杯!」と言わずに何と言ったらいいのか【中国でのお酒の飲み方】

「乾杯」は文字通り杯(さかずき)を飲み干す意味なので、中国で相手と一緒にグラスに入ったお酒を掲げて「乾杯!」と言った以上は飲み干さないといけません。そうしないと相手が怒るとよく言われていわれます。中国 …

日本の餃子と中国の餃子と何が違う?

中国は餃子の本場なのでさぞかし中国では盛んに餃子が食べられているのだろうと考えていましたが実際はそうでもありません。 スポンサーリンク 私は餃子好きで、日本では月に一度ぐらいは自分で餃子を作り家族と楽 …

中国でよく食べたお気に入りの豆菓子とは実は・・・

上海のスーパーに行きますと豆菓子のコーナーがあり、ありとあらゆる豆のお菓子が並んでいます。町の通りを歩いていると気が付かづに通り過ぎてしまう駄菓子屋のような小さな店もありました。それは奥行5mほどの細 …

上海で出会った韓国と北朝鮮【上海での接待事情】

私の上海の工場では携帯電話の部品も製造していましたので、部品を納めている世界有数の携帯電話端末機メーカーの人たちが打ち合わせやラインの視察のために工場に来ることがよくありました。1社は世界に冠するAp …