関連記事

中国馬路 トップページ

中国の上海郊外に何年か住んでいました。 そこで出会った人々、起こった出来事そして見聞きしたもの全てが新鮮に感じ、今も頭の中に刻みこまれています。 新聞で大きく取り上げられない日はない巨大な隣国中国。 …

中国で出会った物を乞う人々

私は日本で物乞いを見た経験がありません。遠い昔の記憶で傷痍軍人を見たような気がしますが、或いはテレビのドキュメンタリーか何かで見た記憶が長い年月の末に実際に見たと思い込んでいるだけかもしれません。一方 …

中国における都市籍と農村籍は身分制度なのか

上海の工場に赴任して1年ほど経って、総務部門の統括もすることになりました。人事課から上げてくる書類も見るようになったのですが、給与の計算が複雑で、人によって計算方法が違っていることに気が付きました。給 …

実際の牯嶺街(クーリンチエ)少年殺人事件とはどんな事件だったのか

2017年4月1日に新宿にある武蔵野館という映画館で楊德昌監督の台湾映画「牯嶺街(クーリンチエ)少年殺人事件」を観てきました。上映時間4時間という長丁場の映画であり、途中に休憩がないのが正直つらかった …

中国で参加した冠婚葬祭

上海の工場に駐在して3年半の間に冠婚葬祭が何度かありました。と言っても工場に勤務する全社員1500人の平均年齢が22歳前後でしたから「葬」はありませんでした。 出産のお披露目宴でみた古い農家 駐在して …

日本語を短期間でマスターした中国の若者の前途

赴任者のこまごまとした手続きやら必要なものを揃えてくれるのが総務課の紀さんでした。彼はまだ18歳でしたがとても気の利き、フットワークが軽い陽気な青年でした。とにかく日本語が上手でその年齢で驚くことに日 …