関連記事

中国馬路 トップページ

中国の上海郊外に何年か住んでいました。 そこで出会った人々、起こった出来事そして見聞きしたもの全てが新鮮に感じ、今も頭の中に刻みこまれています。 新聞で大きく取り上げられない日はない巨大な隣国中国。 …

偽札をつかまらせる巧妙な手口とは(上海での話)

前回で偽札札をつかまらせられたお話をしましたが、どこでどうやって偽札が財布の中で本物とすり替わったのか。私は考え込んでしました。 考え込んでいる私に社員の楊さんがニヤニヤして「○○(私の名前)さん、最 …

日本人の声調の行きつくところは

中国語の発音で日本人が一番苦労するのは声調(四声)ではないでしょうか。 中国語が最も中国語らしく聞こえるのはこの四声があるからですが、その肝心なところが日本人にとって最も苦手とするのだから苦労するのも …

台湾映画「非情都市」で唄われる「幌馬車の歌」

台湾映画「非情都市」は1989年に候孝賢監督が台北の北に位置する採鉱の街九份を舞台にして本省人の国民党政府に対する抵抗運動と国民党によるその圧殺とを真正面から描いた映画として、世界的な評価を得ました。 …

上海で「地下鉄に乗って」

上海で地下鉄に乗って日本との違いを感じるところがいくつかあるのでお話ししたいと思います。 上海の地下鉄は上海万博開催に向けて急ピッチで進められ、一気に倍以上に増えました。私の住んでいた嘉定区にも地下鉄 …

中国人社員の面子と思いがけない涙

李係長のこと 総務の李課長は私が上海工場に赴任した時はまだ係長でした。年齢は30を少し過ぎたころで背が高くて顔も引き締まって精悍な感じがしました。日本語は問題なく話すことができ、日本人には愛想がいいで …