関連記事

中国馬路 トップページ

中国の上海郊外に何年か住んでいました。 そこで出会った人々、起こった出来事そして見聞きしたもの全てが新鮮に感じ、今も頭の中に刻みこまれています。 新聞で大きく取り上げられない日はない巨大な隣国中国。 …

中国で深夜のバイクタクシーに乗って体験したことと思ったこと

上海で日本にはないバイクタクシーに乗ったことがあります。それも深夜に。その時の体験をお話ししましょう。 スポンサーリンク その日は上海市内の中心にある劇場で演じられる小さな劇団の演劇を観に行きました。 …

映画「牯嶺街(クーリンチエ)少年殺人事件」にみる台湾の自由空間-プレスリーの歌

この映画のモチーフとなった実際の殺人事件は台北市牯嶺街にあるアメリカ新聞社の近くで起こりました。犯人の少年はアメリカ新聞社の前で恋敵と落ち合うを約束をしています。当時の台湾においてアメリカは非常に身近 …

中国でよく食べたお気に入りの豆菓子とは実は・・・

上海のスーパーに行きますと豆菓子のコーナーがあり、ありとあらゆる豆のお菓子が並んでいます。町の通りを歩いていると気が付かづに通り過ぎてしまう駄菓子屋のような小さな店もありました。それは奥行5mほどの細 …

中国人から見たおかしな日本人

本人はまじめにやっていることでも傍からみると滑稽だということがあります。本人がまじめにやればやるほどその滑稽さが増すことにもなります。われわれ日本人からすると中国人は随分とおかしいことをしているなと思 …

南京大虐殺記念館を訪ねて思うこと

中国に赴任することになり、まず気になったのが中国における反日感情でした。 かつて自分勝手な理由で他国に軍隊を派遣して戦争を仕掛けた、そのためにその国人々が1000万人以上も死ぬことになった。その子孫が …