関連記事

中国馬路 トップページ

中国の上海郊外に何年か住んでいました。 そこで出会った人々、起こった出来事そして見聞きしたもの全てが新鮮に感じ、今も頭の中に刻みこまれています。 新聞で大きく取り上げられない日はない巨大な隣国中国。 …

日本人の声調の行きつくところは

中国語の発音で日本人が一番苦労するのは声調(四声)ではないでしょうか。 中国語が最も中国語らしく聞こえるのはこの四声があるからですが、その肝心なところが日本人にとって最も苦手とするのだから苦労するのも …

中国人はなぜ「爆買い」をするのか?

ひと頃中国から日本にやってきた人たちの爆買いが話題になりました。特に秋葉原の電気街では炊飯器やら加湿器やら持ちきれないほどの買い物をした中国人の映像がテレビに映し出されたものです。それを見た私は「あゝ …

上海のスーパーでのショッピングあれこれ

中国で買い物をするときに日本人が一番困惑するのは、万引き防止のためにカバン類を中に持ち込めないことです。日本の観光客が中国に行って買い物をするようなところは一般の庶民があまり行かないところですので、そ …

映画「牯嶺街(クーリンチエ)少年殺人事件」にみる台湾の自由空間-プレスリーの歌

この映画のモチーフとなった実際の殺人事件は台北市牯嶺街にあるアメリカ新聞社の近くで起こりました。犯人の少年はアメリカ新聞社の前で恋敵と落ち合うを約束をしています。当時の台湾においてアメリカは非常に身近 …

中国の人を名前で呼ぶときはなんと呼べばいいか

中国にいて中国の人を名前で呼ぶときは多くの日本人は迷うと思います。 日本にいるときに日本人の名前を呼ぶときは○○さん、○○君、○○ちゃんと 相手との関係でそれぞれ選択して使うと思います。 中国で「○○ …