関連記事

中国馬路 トップページ

中国の上海郊外に何年か住んでいました。 そこで出会った人々、起こった出来事そして見聞きしたもの全てが新鮮に感じ、今も頭の中に刻みこまれています。 新聞で大きく取り上げられない日はない巨大な隣国中国。 …

上海の住宅事情・・住宅バブルは何時はじけるのか

2010年前後に上海に住んでいて感じたことはマンションの値段が上がり続け、何時住宅バブルが起きても不思議がないということでした。しかし7年経った今もその兆候はありません。 当時の上海市の住宅事情から住 …

中国で出会った物を乞う人々

私は日本で物乞いを見た経験がありません。遠い昔の記憶で傷痍軍人を見たような気がしますが、或いはテレビのドキュメンタリーか何かで見た記憶が長い年月の末に実際に見たと思い込んでいるだけかもしれません。一方 …

映画「牯嶺街(クーリンチエ)少年殺人事件」にみる台湾の外省人たちと白色テロ

この映画では台湾における外省人の世界が主に描かれています。 外省人とは、1945に日本が降伏し50年間にわたって台湾を統治してきた日本に代わり台湾に渡ってきた国民党とそれに同行して来た移民たちのことを …

中国で深夜のバイクタクシーに乗って体験したことと思ったこと

上海で日本にはないバイクタクシーに乗ったことがあります。それも深夜に。その時の体験をお話ししましょう。 スポンサーリンク その日は上海市内の中心にある劇場で演じられる小さな劇団の演劇を観に行きました。 …

中国での歌の中の声調

中国語は子音と母音が少ないために同音異義の漢字が多く、区別するために発声音の高低で区別したとの話を聞いたことがあります。 日本でも「記者が汽車で帰社する」などと例がよく出るように同音異義が少なからずあ …