上海の生活

上海の車のナンバー購入価格は4年分の給料!?

投稿日:2月 18, 2017 更新日:

上海の車のナンバーはオークション制になっていて高い時では8万元(日本円にして120万円)にもなることはご存じでしょうか。これでは車よりもナンバープレートのほうが高くなってしまうこともあります。

上海市内の車の数は年々増加の一途をたどり、交通マヒ状態になってきたので、ナンバープレートの発行数を減らし車の量を減らそうと、オークション制にしたのは2002年ごろと聞いています。

腐敗撲滅キャンペーンで公用車の私用を規制された高級官僚が自家用車の確保に走って、競って高額の入札価格で購入したためらしいのですが、庶民には迷惑な話ではあります。

これでは無理をして車は買ったはいいが、ナンバープレートがなくて道路を走れないという笑えない話になってしまいます。

ではどうするかですが。



それは上海市以外のナンバープレートを買うのです。私の住んでいた嘉定区では隣接する江蘇州のナンバーを購入する場合が多いですが、これが数十元で買えてしまうのです。
従って嘉定区を走る車はタクシーも含め江蘇ナンバーばかりとなってしまっています。

これで問題が解決したわけではなく、実は大きな問題が残っている。

上海市街地は周りからのマイカー乗り入れを規制をしているために上海ナンバー以外の車は市街地に入れないのです。

大宮ナンバーの自家用車が都内に入れないようなもので不便この上ないことになります。

タクシーもこの例外ではありません。



タクシーを使って嘉定区から上海市街の目的地に行くには、市街地の際まで嘉定のタクシーで行ってから上海ナンバーのタクシーを拾って乗り換えことになります。

これは面倒なのでやったことはありません。その代わりに行なったことは、上海ナンバーのタクシーの帰り車を見つけて拾うことである。

バスターミナルなどで待ち受けていると結構上海市街からきて客を下ろした後上海に帰るタクシーを拾うことができます。

2010年ごろに地下鉄が嘉定まで開通するまではタクシーを利用して市街地まで行ったものですが、地下鉄ができてからはもっぱら地下鉄を利用しています。

地下鉄がタクシーに比べてかなり安いというほかに理由があります。地下鉄に乗っていると中国のいろいろな面に触れることができ、実に面白い経験ができるのです。

因みにタクシー料金は片道約120元であるが地下鉄は片道3元です。

→関連記事:中国的電動自転車の実情

→関連記事:中国でのタクシーの乗り方

→関連記事:上海で「地下鉄に乗って」

→関連記事:中国で深夜のバイクタクシーに乗って体験したこ

 

 

 

 

 




スポンサーリンク




スポンサーリンク




-上海の生活
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

上海でよく行った小さなお店

マンションの小さな商店の小僧さん 住んでいるマンションの1階が小さなお店になっていました。入るとすぐ左がカウンターになっていてタバコが並んでいます。その中がレジがあって40代と思われる夫婦がやりくりし …

中国で参加した冠婚葬祭

上海の工場に駐在して3年半の間に冠婚葬祭が何度かありました。と言っても工場に勤務する全社員1500人の平均年齢が22歳前後でしたから「葬」はありませんでした。 出産のお披露目宴でみた古い農家 駐在して …

上海の住宅事情・・住宅バブルは何時はじけるのか

2010年前後に上海に住んでいて感じたことはマンションの値段が上がり続け、何時住宅バブルが起きても不思議がないということでした。しかし7年経った今もその兆候はありません。 当時の上海市の住宅事情から住 …

上海の喫茶店でコーヒーを注文する

日本では喫茶店に行ってコーヒーを飲みながらぼんやりするのが好きでしたので、上海でもよく喫茶店に来ました。注文の仕方はこんな感じです。 コーヒーの注文の仕方 喫茶店に入って気に入った席に座り、見かけたウ …

上海でお世話になった中国のお医者さん

海外の赴任に対しては会社が負担する医療保険があります。全額保障してくれるのですが赴任中での不良の自己や病気に対して治療費が保険で支払われます。赴任当時私は風邪のような症状に悩まされました。 体がだるく …