中国で働く人々

上海の工場で働く人の賃金はどのくらい?

投稿日:2月 12, 2017 更新日:

中国での労働者の最低賃金は国で定められていて、都市や省によって違います。

上海市の最低賃金はその中でも最高水準で、私の赴任当時(2008年)では月給960元でしたが、その前年は840元で毎年上昇の一途でした。
2009年はリーマンショックの影響もあり最低賃金の引き上げは見送られましたが、2010年には1,120元に上がり、その後毎年上がり続けて2016年には2,190元となっています。6年で倍になったことになります。

スポンサーリンク


上海市の最低賃金は毎年4月1日に発表され施行されますが、4月末に支払う給料前にはそれを織り込んだ新しい給料体系を作らなければなりません。

その準備を考慮しているのかわかりませんが1月には事前に引き上げ案が公表されます。日本で新年度というと4月からですが、中国での会計年度は1月から12月の期間となりますので何故4月1日施行なのかはよくわかりません。



中国に生産工場をも持つ日本企業の多くは、材料を日本から仕入れ、できた製品は日本で売るか直接海外に売るかの形をとることになります。
中国の物価水準が上がっても製品の単価には影響しないので売り上げは変わりません。しかし、生産コストの大部分は人件費が占めます。最低賃金が倍になるということは人件費が倍になるということです。

売上が増えずにコストが増え続ければ採算がだんだん取れなくなってきます。
企業はやむを得ず、賃金の安い内陸部に工場を新設したり、ベトナムに進出したりします。
これは、タイの人件費が上がり採算が取れなくなった企業が中国に工場を作りだした時の状況に似ています。

ベトナムの人件費が上がればさらに人件費の安い国へと移ってくのでしょう。労働集約型の生産方式で採算を得ようとすれば当然の帰結となります。

それでは人手に頼らない自動機による生産方式に変えればよいのか。それは日本国内の生産と変わらないことになり、海外で生産する目的が曖昧になります。自動機製作の設備投資額よりも安い賃金で生産する方がコストがかからないから海外で生産するわけです。日本での製造業の空洞化と海外で生産することの意味をあらためて問われているのだと思います。

→関連記事:中国人は自分勝手? 【上海工場での賃金めぐる攻防】

→関連記事:出稼ぎの若者たち(農民工)の生活は日本の尺度で測れない

→関連記事:上海工場での人集め作戦

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-中国で働く人々

執筆者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

中国のお役人さんにごちそうされて

私が勤めた会社がある上海の郊外の工業団地には日本からの誘致企業が多くありますが、中国の企業ももちろん多くありました。工業団地は区域で分けられており、それぞれに担当の役所があります。 何か工場で新しいこ …

中国の人には誕生日が2回ある!?

中国に駐在していて戸惑うことに、日本の旧暦に相当する農歴というものの存在があります。中国には春節と端午節、中秋節と言った休日となる節目をこの農歴で定めるために太陽暦での日付とずれが生じ、しかもその日付 …

中国で参加した冠婚葬祭

上海の工場に駐在して3年半の間に冠婚葬祭が何度かありました。と言っても工場に勤務する全社員1500人の平均年齢が22歳前後でしたから「葬」はありませんでした。 出産のお披露目宴でみた古い農家 駐在して …

中国人から見たおかしな日本人

本人はまじめにやっていることでも傍からみると滑稽だということがあります。本人がまじめにやればやるほどその滑稽さが増すことにもなります。われわれ日本人からすると中国人は随分とおかしいことをしているなと思 …

中国では忘年会?それとも新年会?

私の勤めていた上海の工場には1500人からの出稼ぎ労働者いわゆる「農民工」あるいは「民工」と呼ばれる人々が働ていました。彼らは正月(春節)に一斉に里帰りします。その規規は日本の帰省ラッシュをはるかにし …