中国で働く人々

上海の工場で働く人の賃金はどのくらい?

投稿日:2月 12, 2017 更新日:

中国での労働者の最低賃金は国で定められていて、都市や省によって違います。

上海市の最低賃金はその中でも最高水準で、私の赴任当時(2008年)では月給960元でしたが、その前年は840元で毎年上昇の一途でした。
2009年はリーマンショックの影響もあり最低賃金の引き上げは見送られましたが、2010年には1,120元に上がり、その後毎年上がり続けて2016年には2,190元となっています。6年で倍になったことになります。

スポンサーリンク


上海市の最低賃金は毎年4月1日に発表され施行されますが、4月末に支払う給料前にはそれを織り込んだ新しい給料体系を作らなければなりません。

その準備を考慮しているのかわかりませんが1月には事前に引き上げ案が公表されます。日本で新年度というと4月からですが、中国での会計年度は1月から12月の期間となりますので何故4月1日施行なのかはよくわかりません。



中国に生産工場をも持つ日本企業の多くは、材料を日本から仕入れ、できた製品は日本で売るか直接海外に売るかの形をとることになります。
中国の物価水準が上がっても製品の単価には影響しないので売り上げは変わりません。しかし、生産コストの大部分は人件費が占めます。最低賃金が倍になるということは人件費が倍になるということです。

売上が増えずにコストが増え続ければ採算がだんだん取れなくなってきます。
企業はやむを得ず、賃金の安い内陸部に工場を新設したり、ベトナムに進出したりします。
これは、タイの人件費が上がり採算が取れなくなった企業が中国に工場を作りだした時の状況に似ています。

ベトナムの人件費が上がればさらに人件費の安い国へと移ってくのでしょう。労働集約型の生産方式で採算を得ようとすれば当然の帰結となります。

それでは人手に頼らない自動機による生産方式に変えればよいのか。それは日本国内の生産と変わらないことになり、海外で生産する目的が曖昧になります。自動機製作の設備投資額よりも安い賃金で生産する方がコストがかからないから海外で生産するわけです。日本での製造業の空洞化と海外で生産することの意味をあらためて問われているのだと思います。

→関連記事:中国人は自分勝手? 【上海工場での賃金めぐる攻防】

→関連記事:出稼ぎの若者たち(農民工)の生活は日本の尺度で測れない

→関連記事:上海工場での人集め作戦

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-中国で働く人々

執筆者:

関連記事

弁当業者の選定で見えてきたこと

中国の上海工場では昼、夕、深夜の3回従業員用の食事をいわゆるお弁当屋に委託していましたが、あるときそれまで委託していた弁当業者を変えることになりました。替える理由はいくつかありましたが。一つに弁当の欠 …

監視カメラが映し出した中国工場での様々な出来事

私が通勤した上海工場では毎日いろいろなことが起きます。日本の工場では考えられないようなことが次から次と起こり、油断ができません。そのために工場内には多くの監視カメラが設置されているのですが、その監視カ …

中国での日本語能力試験1級には日本人でも合格できない

上海市郊外にある私の工場での専門職の人材採用に当たっては日本語ができることが最重要条件でした。日本語ができなくともそれなりの専門技術があれば採用になりますが、日本語ができる人の下につかざるを得ない状況 …

中国における都市籍と農村籍は身分制度なのか

上海の工場に赴任して1年ほど経って、総務部門の統括もすることになりました。人事課から上げてくる書類も見るようになったのですが、給与の計算が複雑で、人によって計算方法が違っていることに気が付きました。給 …

中国人は自分勝手? 【上海工場での賃金めぐる攻防戦】

最低賃金の引き上げがあると、従業員の給与を見直ししなければなりません。 採用した従業員でいわゆる農民工と呼ばれる人は、その年の最低賃金で雇用することになります。私の工場では毎年6月に賃金の見直し(昇給 …