中国の風習

春節の過ごしかた

投稿日:1月 28, 2017 更新日:

中国の春節は旧暦の正月に当たりますが、毎年その日が変り、年によっては1ヶ月ほど差が生じることもあります。西暦に合わせて毎年同じ日に正月を祝うようになった日本人は惑いを感じ、日系企業は対応に苦慮する時期といえます。

今年(2017年)の春節は本日1月28日です。

春節には若者は故郷にいっせいにお土産を買って実家に帰り、家族と過ごします。私は日本の一昔前の「薮入り」を連想してしまうのですが、何か懐かしいものを感じます。

その間7~10日間は地方から来ている若者たちが町から消えます。従業員がいなくなってしまいますのでお店も閉店です。では町が閑散としているかと思うととんでもない。

残った地元の人たちが花火と爆竹で大騒ぎを始めるのです。それも何日もです。

その騒ぎかたは尋常ではありません。あちこちの路上で打ち上げ花火や大量の爆竹を鳴らし、その上その振動を拾って車の盗難防止用センサが作動して甲高い警報音を一斉に鳴らすため町中が騒然とします。遠く町の花火がまるであちらこちらに火の手が上がっているように見え、さながら戦場にいるような気分になります。

スポンサーリンク




最初は面白がって住んでいるマンションの8階の窓から外を見ていた私ですが、目の前で打ち上げ花火が爆音とともに破裂したときはさすがに肝を冷やし急いで窓を締めました。

一度、政府が大都市での花火を禁止し、上海でも何年か静かな春節があったようですが、さすがに市民の反対の声が大きくなり再び解禁になったようです。

やはり春節はやかましくなくては様になりません。春節の夜はひとり部屋で白酒でも飲みながら窓の外の花火と騒音を楽しむのが正しい過ごし方だと今でも思っています。

次の日の朝、外を歩くと何事もなかったように静かですが、いたるところに花火の燃えカスがそのまま散在しており誰も片付ける様子はないようです。

やがて掃除を仕事とする人たちが大量に現れてかたづけていくので、自分で片付けるという発想はないのです。自分たちが片付けるとその人たちの仕事を奪うことになると彼らは考えているのです。

→関連記事:中国4千年の東洋医学の効果

→関連記事:中国が2人目出産に祝い金などを検討

→関連記事:中国でものを乞う人々

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-中国の風習
-, , , ,

執筆者:

関連記事

中国人はなぜ「爆買い」をするのか?

ひと頃中国から日本にやってきた人たちの爆買いが話題になりました。特に秋葉原の電気街では炊飯器やら加湿器やら持ちきれないほどの買い物をした中国人の映像がテレビに映し出されたものです。それを見た私は「あゝ …

中国人から見たおかしな日本人

本人はまじめにやっていることでも傍からみると滑稽だということがあります。本人がまじめにやればやるほどその滑稽さが増すことにもなります。われわれ日本人からすると中国人は随分とおかしいことをしているなと思 …

中国でよく食べたお気に入りの豆菓子とは実は・・・

上海のスーパーに行きますと豆菓子のコーナーがあり、ありとあらゆる豆のお菓子が並んでいます。町の通りを歩いていると気が付かづに通り過ぎてしまう駄菓子屋のような小さな店もありました。それは奥行5mほどの細 …

中国の人には誕生日が2回ある!?

中国に駐在していて戸惑うことに、日本の旧暦に相当する農歴というものの存在があります。中国には春節と端午節、中秋節と言った休日となる節目をこの農歴で定めるために太陽暦での日付とずれが生じ、しかもその日付 …

中国での電動バイクの実情

私が上海に住んでいた数年前は道は自転車ではなく電動バイク(電動自転車)であふれていました。 ひと昔の中国の町の風景写真を見ると道は自転車であふれかえっていました。自動車はまだ庶民には手が届かなく、通勤 …