中国の風習

中国の人を名前で呼ぶときはなんと呼べばいいか

投稿日:1月 26, 2017 更新日:


中国にいて中国の人を名前で呼ぶときは多くの日本人は迷うと思います。

日本にいるときに日本人の名前を呼ぶときは○○さん、○○君、○○ちゃんと

相手との関係でそれぞれ選択して使うと思います。

中国で「○○さん」に相当する単語は男性では「○○先生shenshang」,

女性では「○○小姐xiaojie」になると中国語の参考書には書いてあります。

しかし、実際の中国で生活をしていると「先生」と相手を呼んでいる状況に遭遇したことは殆どありません。初対面の相手に対して「○○先生」と呼びかけた方が無難だとは思いますが、仕事関係では役職名をつけて呼ぶのが一般的です。

スポンサーリンク




また、「小姐」も通常は飲食店に働いている女性を称する言葉です。飲食店で何か注文したくて店員を呼ぶときは「服務員」と叫びます。日本語の「おねえさーん」と呼ぶのと同じです。そして寄ってきた店員に直接呼びかけるのが「小姐」で、「小姐、さっき頼んだ料理はまだなの」というように使います。従って、そのようなシチュエーション以外に若い女性に「○○小姐」と呼びかけるとあまりいい顔をされません。会社の大卒の女性に対して使ったら「私は小姐ではありません」ときっぱりと抗議されました。仕事関係では使わない方がいいでしょう。

「女士」という言い方もありますが、丁度日本の○○女史に相当し、あらたまった感じがして、あまり一般的な呼び方ではありません。

では、男性も女性も通常は何と呼んだらいいのか。それは、その人の姓名をそのまま呼ぶことです。それが中国では一般的なのです。

中国の苗字は「劉」や「王」のように1字が圧倒的に多く、2次の苗字の人に出会うことは滅多にありません。1字の姓だけではいかにも短く座りが悪いせいかフルネイムで呼びます。

苗字だけで呼ぶときは「老劉」とか「小王」のように「老」や「小」などの修飾語をつけて呼ぶ場合が多いです。前者は尊称、後者は愛称になります。

現地の日系企業の中では日本人社員と中国人社員はお互いに苗字に日本語の「さん」をつけて呼び合いますが、中国人同士は年齢に関係なく、姓+名で呼び合います。姓+役職名で呼ぶことも多いですね。

中国人同士で話している会話では、日本人を性で呼んでいます。例えば山田さんのことを話題にしているときは「shantianがこう言っている・・・」などと姓の漢字をそのまま中国語読みして言っていますので、中国語の分からない山田さんは自分のことが話題になっていることが分かりません。

もちろん、分からないようにして悪口を言っているわけではありません。それが普通なのです。



私も、当初中国人の社員を「姓+さん」で呼んでいましたが、折角中国という外国に住んでいるのだからその国の風習に従うことがその国を理解する近道だと考えて、中国語の「姓名」で呼ぶことにしました。

しかし、これが難しいのです。日本人の感覚では「さん」や「君」をつけずに相手の名前だけで呼ぶと「呼び捨て」したことになるので、相手を低く見ていると取られるのではないか抵抗感があるのです。

もちろん、中国の人は「呼び捨て」にされたなんていう感覚は全くないので平気でむしろ喜んでくれるのですが、どうも申し訳ない気持ちになってしまいます。

そこで、私は彼らにこう言いました「中国語の発音の勉強をしたいのでこれから皆さんを中国の発音で中国風に呼びます。だから、発音が間違っているときはその場で指摘して直してください」。こういう言い訳をしないと踏み切れなかったのが事実です。

私は事前に顔と名前をある程度憶えてから会社の中を見て回り、直接名前を呼んでは中国語で話しかけました。「朱海兵、調子はどうだい」「王明国、問題はないかい」。ところが彼らは私の拙い発音を直してくれるどころか、ニコニコして「太棒了」と私の中国語を褒めてくれるだけでした。私の発音を褒めるというより、自分の名前を憶えていて中国で呼びかけてくれたことに素直に喜んでくれたみたいでした。

彼らの名前を正確に言えるようになりたいと努力したことが、それまで本やテープで勉強したよりもはるかに発音の勉強になったと言えます。

→関連記事:再見は別れのことば?それとも再会を期すること?

→関連記事:「乾杯!」と言わずに何と言ったらいいのか

スポンサーリンク




 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-中国の風習
-, , , ,

執筆者:

関連記事

上海のお役人とのお付き合い【郷に入らば郷に従え】

お役人を接待することが時々あります。恒例になっているのは税関の担当役人ですが、課長、係長クラスを年1回高級な料理屋で接待します。急に受注が増え生産体制が間に合わない時など日本の本社から製造機械を急遽運 …

偽札をつかまされたらどうするか(中国での話)

上海で偽札をつかまされたことがあります。 そのときどうするか? スポンサーリンク 日本でなら当然警察に届けますよね。そして大騒ぎになり、翌朝の新聞に載ることもあるかもしれません。 上海のお店で買い物を …

中国での電動バイクの実情

私が上海に住んでいた数年前は道は自転車ではなく電動バイク(電動自転車)であふれていました。 ひと昔の中国の町の風景写真を見ると道は自転車であふれかえっていました。自動車はまだ庶民には手が届かなく、通勤 …

中国で出会った物を乞う人々

私は日本で物乞いを見た経験がありません。遠い昔の記憶で傷痍軍人を見たような気がしますが、或いはテレビのドキュメンタリーか何かで見た記憶が長い年月の末に実際に見たと思い込んでいるだけかもしれません。一方 …

中国の人には誕生日が2回ある!?

中国に駐在していて戸惑うことに、日本の旧暦に相当する農歴というものの存在があります。中国には春節と端午節、中秋節と言った休日となる節目をこの農歴で定めるために太陽暦での日付とずれが生じ、しかもその日付 …